メニュー

予防歯科・デンタルケア

歯科健診(メインテナンス)の重要性について

当院では悪くならないようにするための健康相談や保健指導を大切に考えています。予防が最も大切です。

お気軽に歯科検診をお受けください。お口の中の状態を一緒に確認し、病気の発生しにくい口腔環境を作っていきましょう。

当院に初診来院される方の70%は痛む、外れた、欠けたなどの自覚症状のない方です。そのほとんどの方は検査とクリーニング、フッ素コーティングなどのケアのみで完了します。

このいい状態を維持するため、健康な方がさらに健康に、より美しい口元でいていただくための処置がメインテナンスです。

メインテナンスが歯を守ります

歯をみがかないでいると歯の表面によごれがつき、むし歯や歯周疾患(歯茎の病気)、口臭などの原因になります。

また、食べカス、タバコのヤニなどでよごれた歯は見た目にも悪く、他人に不快感を与えます。

歯のよごれには歯垢、歯石、色素沈着などがあります。

歯垢 プラークと呼ばれ、歯の表面に付くネバネバしたバイ菌の集まりで、虫歯、歯周疾患の原因です。
歯石 歯垢が落ち切れず固まって石灰化したものです。歯周疾患の原因です。歯ブラシの毛先が歯周ポケットに届くのを邪魔します。
色素沈着 お茶、コーヒー、たばこのヤニなどが原因です。

これらのものは、毎日の歯磨きだけでは除去できないものなので、定期的に歯科医院でのクリーニングが必要となります。

また、口の中には、歯ブラシの届きにくい場所、磨けていない場所が必ず残るものです。
だからこそ、定期的に歯科医院でお口の健康チェックとクリーニングを受けましょう。
むし歯や歯周病の予防になるだけでなく成熟したプラークを根こそぎ破壊することで、歯も詰め物も、グッと長持ちします。

メインテナンスで行うこと

当院では、担当の衛生士が常にお口の中をチェックし、密なコミュニケーションを行いながら最適なメインテナンスに努めています。

疑問点、ご希望などがあれば何でもご相談ください。

各種検査

虫歯、歯周病をはじめとした病気のチェックはもちろん、粘膜のちょっとした異常などのお口の中の大小の変化を、お口の中の写真やレントゲン写真を用いて歯科医師との相談の下チェックしていきます。

TBI(歯磨き指導)、OHI(口腔衛生指導)

お口の中の健康の維持には、日々の歯ブラシやフロスが非常に重要です。

お口の中の状態に合わせ歯科衛生士がおススメの歯ブラシをお渡しし、一緒にブラッシングの方法を確認していきます。(TBI Tooth Brushing Instruction)

また、歯ブラシだけではお口の中の健康を保つことは難しいケースもあります。

生活習慣に問題がないか、いきなり何か変わったことなどはないかなどのお話を聞き、口腔衛生指導(OHI Oral Hygiene Instruction)を行います。

クリーニング

専用の器材、薬剤を用いて徹底的に歯を磨き上げることで、病気の発生を防ぎます。

もちろん全く痛みを感じずに、爽快感を味わえます。

フッ素塗布

虫歯予防に最も効果的なのはフッ素を塗布することです。

メインテナンスの最後にはフッ素を塗布し、歯質の強化に努めます。

生活習慣のチェック

日頃の生活習慣が知らず知らずに歯の健康を損ねていることがあります。
いくつ、あてはまるでしょうか。

  • 間食が多い。
  • ストレスを日常的に感じている。
  • 煙草を吸っている。
  • 外食が多い。
  • 深酒が多い。
  • 口臭がある。
  • 忙しいので歯はさっさとみがく。
  • 歯磨き剤は使わない。
  • 食事は早食いのほうだ。
  • 睡眠時間は短い。
  • 1年以上歯科医院には行っていない。

チェックが一つもつかなかった人は、
口内環境は良好です。この状態を保ち、日々の生活をエンジョイしましょう。

チェックが1~3つついた人は、
注意が必要です。虫歯や歯周病の心配や、気づかぬうちに口臭を発しているかもしれません。
生活習慣の見直しをしましょう。

チェックが4つ以上ついた人は、
全身から見ても、口腔環境から見ても、あまりいい生活習慣とはいえないようです。
まずは、歯科医院に行って、現在の口の中の状態を診察してもらうことをおすすめします。
問題がある場合は、すぐに治療をしてもらいましょう。

 

お口の中にも「がん」はできます

胃がんや肺がんと同じ割合で口腔がんは発生します。
私たちは歯だけでなく、歯肉や口腔の粘膜まで健診致します。

眼でみるだけで怪しいかどうか分かります。

レントゲンや内視鏡を使って行う胃がん、肺がんなどの検査と同等の事が負担もなく視診だけで可能です。
定期的に見せて頂くことで、注意しなければいけない変化も見落とさずに済みます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME